稲葉浩志の「風船」を聞くと思い出がよみがえります

B’zのヴォーカルである稲葉浩志さんがソロで歌われている「風船」という曲が思い出の曲です。
B’zというとアップテンポの曲も多いですし、バラードの曲であっても稲葉さんのパワフルな声は印象に残りますが、この「風船」は、しっとりと聞かせる雰囲気の曲に仕上がっていて、B’zの印象とはまた違った良さがにじみ出ていると思います。
シングルで出た曲ではなく「マグマ」という稲葉さんが出したソロアルバム収録曲なので、それほど知っている人は多くはないかもしれませんが、僕にとっては非常に思い出深い曲で、この曲を聞くと当時(大学時代)仲が良かった友人のことを思い出します。

 

今はお互い離れた所に住んでいるので会うことは少なくなりましたが、当時はカラオケでもこの曲をよく歌っていましたし、大学卒業時にもカラオケに行って歌いました。
最初は僕が見つけた曲でしたが、カラオケに行ったときに歌っていく中で友達たちも気に入ってくれたようで、僕一人ではなく皆で歌ったこともありましたし、今でもときどき歌ってくれて、僕のことを思い出してくれているといいな、と思っています。