Hakuei Kimの「OPEN THE GREEN DOOR」

私がボーカルスクールに通っていたとときに知った人で、初めてHakuei Kimさんのライブに行かせてもらいました。
ジャズというジャンルの音楽はまったく初めてで、オジサンが聴くといういめーじでしたが、まったく違った音楽の世界でした。
映像が目に浮かぶような、映画を見ているような、深みもある曲で、思わず涙がボロボロとこぼれて止まりませんでした。

 

それ以来、モダンジャズの虜になりました。
私もジャズを歌うようになり、ジャズボーカルとして音楽活動をするきっかけにもなった曲です。
ジャズという音楽は、他のジャンルにはない自由度と即興性が魅力ですが、それをセンス良く、他の楽器のパートのミュージシャンと会話するかのように音楽のかけあいをするというのは、それだけの技術と経験がなければ難しい音楽です。

 

さらにセンスもなければならなりません。
この曲を知って以来、私の音楽生活は一変しました。
忘れられない、とても思い出深い楽曲です。